遠恋レシピ

遠恋レシピは遠距離恋愛で幸せになりたい全ての方に贈る情報サイトです。辛い遠距離の悩みや不安を今すぐ解決できます。

遠距離恋愛が冷める瞬間5つ

どんなに強く、

「私たちは愛し合っているから、絶対に大丈夫!」

と信じていても、距離が離れていることで気持ちが冷めてしまう場合はどうしてもあります。

一度冷めてしまったら彼の気持ちを元に戻すのは大変ですが、あらかじめ冷めてしまう原因を知っておけば、冷められる危機を避けたりうまく対処することができるようになります。

彼の愛を失わないために遠距離恋愛が冷める瞬間5つをしっかり頭に入れておき、遠距離でもずっとラブラブな2人でいてくださいね。

こんな人にオススメ!
  • 遠距離恋愛を長続きさせたい
  • 彼とのラブラブな関係を保ちたい
  • 彼の気持ちが冷めていないか知りたい
  • 彼が冷たくなった原因を見つけたい

重いと感じることが増えたとき

まず一般的に、「恋が冷める瞬間」は男女で違う傾向があります。

女性は、ある一点が引き金となり、それこそ『百年の恋も冷めるように』恋愛感情がなくなる場合はあります。

一方で男性は、何かひとつのことが原因ではなく、いくつかの要因が組み合わされたり、何度も繰り返されたりすることで、だんだんと気持ちが冷めることが多いものです。

一度だけであれば、ちょっと引っかかりで終わっていたものが、何度も同じ場面に当たることで、嫌気がさしてくるのですね。

男性にとって「恋が冷めた」瞬間とは、「何かの限界を超えた瞬間」であることが多いのです。

そんな「何か」の限界ですが、遠距離恋愛で多いのは、「彼女の重さ」です。

「それまでは何とか受け止めてきていたけれど、もうこれ以上は受け止めきれない。

もう無理、別れたい」となってしまうわけです。

彼女の存在を重く感じる理由は、束縛が強過ぎることにあります。

普段は会ってデートができない遠距離恋愛ですから、彼のことが不安になって、あれこれ要求してしまう気持ちも分かります。

自分が見えないところで、何をしているのか気になってしまいますよね。

でも、それをそのまま彼氏にぶつけてしまうと、彼は疲れてしまいます。

下記のようなことを言ったり、求めたりしたことのある方は要注意です。

  • 友達や仕事関係の人との飲み会は、証拠に写真を送る
  • 例え仕事関係でも、女性と二人っきりでごはんはNG
  • 家に帰ったら、すぐに連絡をする
  • メールやLINEは、即返信がデフォルト
  • 休みの日は、彼女と過ごす日として、予定を入れない
  • 周りの女性について、事細かに聞くなど、浮気を疑うそぶりを見せる
  • 私と仕事(学校)、私と友達、どっちが大切なのか詰め寄る

彼氏は、彼女の不安を解消するための存在ではありませんよね。

お互いに自分の時間を楽しみ、そして二人の時間も楽しむという形が理想です。

相手の時間まで支配しようと考えると、お互いを追いつめてしまいますので、気を付けてくださいね。

遠距離恋愛は、お互いの信用がないと成り立ちません。

浮気癖があるなど、明らかな理由がない限り、強い束縛はやめた方が良いでしょう。

ポイント
今、束縛しすぎていると思う方は、決定的な「気持ちが冷める」瞬間が訪れる前に、改めましょう。

「ありがとう」がなくなったとき

遠距離でもずっとラブラブな関係でいる多くのカップルに、共通していることがあります。

「ありがとう」と感謝の言葉を、口に出して伝えているということです。

付き合いが長くなればなるほど、相手の理解度が進み、ある程度のことは言わなくても伝わるようになりますね。

買い物をしていて、彼氏の好きそうなカバンが目に入ったり、喜びそうなグルメを見つけたりして、相手の好みも分かってきます。

そこで、ついつい「ありがとう」も言わなくても、伝わるだろうと思いがちです。

これは、大きな間違いですよ。

感謝の言葉というのは、声に出さないと伝わらないものなのです。

食事をごちそうしてもらった時、新幹線や空港まで送り迎えしてもらった時、重い荷物を持ってもらった時、疲れていても会いに来てくれた時など、些細なことであっても、感謝を伝えるようにしましょう。

そうしないと、相手に「してもらって、当然だと思っているんじゃないか」と不信感を募らせる原因になってしまいます。

あなたは、遠距離恋愛で大好きな相手と幸せになりたいですか?

もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の遠距離恋愛の悩みに特化した初回無料占いを今すぐお試し下さい。

「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

「鑑定結果で遠距離恋愛の相手との悩みが、なくなった」

と、評判の初回無料占いなので、是非お試し下さい。

>> 神言鑑定 <<


場合によっては、存在を軽んじていると捉えかねません。

そうすると、恋愛感情も冷めてしまいます。

ポイント
「ありがとう」というポジティブな言葉は、恋愛関係に良い影響をもたらしますので、積極的に使うようにしましょう。

マナーが悪いとき

遠恋中の恋人にマナーが悪いと冷められてしまった女性

積み重なって「冷める」ことが多い男性ですが、一度でも冷めてしまうときがあります。

それがマナーの悪さを目の当たりにしたときです。

特に、食べ方のマナーが悪いと幻滅される可能性が高いです。

クチャクチャ音を立てながら食べたり、ひじをずっとついたまま食べたり、食べ終わった後のお皿が汚かったりすると、恋が冷めかねません。

「気持ち悪い」と相手に思われてしまうと、生理的な感情なために、なかなか挽回が難しいのです。

遠距離恋愛では、あまり頻繁に相手の食事マナーを見る機会はありません。

だからこそ、一回の食事の印象が強くなります。

初めての食事デートの時は、事前にマナー本などを読んでおくと安心ですね。

ポイント
また、食べ方以外にも、電車でお年寄りに席を譲らなかったり、店員に横柄な態度をとるなど、恋人としてというより、友人として、人としてもどうなのかと思われる態度は、恋を冷めさせてしまう原因になります。

喧嘩が繰り返されるとき

特に女性に気をつけてもらいたいことがあります。

男性は、基本的に喧嘩が嫌いだということです。

女性は、喧嘩をすると、喧嘩をする前よりも相手のことを理解できるようになり、仲が深まったと感じることが多いものですよね。

ところが男性は、そうではありません。

「喧嘩=厄介なこと」と認識している場合が多いのです。

遠距離恋愛の喧嘩は、直に顔を合わせていない分、こじれやすく、解決まで時間がかかりがちです。

そのため、さらに厄介で面倒なことだと思われてしまいます。

「喧嘩をしてはいけない」ということではありませんが、喧嘩になりそうだと思ったら、まずは気持ちを抑えて、彼の立場に立って考えるクセをつけましょう。

それだけでも、随分言い方が変わってくると思います。

ポイント
喧嘩が何度も繰り返されると、面倒くさいと思うようになり、やがて気持ちが冷めることにもつながりますので、気をつけてくださいね。

遠距離の喧嘩の原因5つ

信用されていないと感じたとき

遠距離恋愛では、何よりも信用が大事だとお話しましたね。

「自分のことを信用してくれていないんだ」と感じた瞬間、気持ちが冷めることがあります。

好きな人が、自分のことを信じていないと知ることは、とてもショックなことなんです。

具体的な場面では、彼氏が席を外したときに、こっそり携帯をチェックすることが挙げられます。

もしその場面を彼氏が目撃すれば、ショックを受けるか怒りだすでしょう。

ポイント
また、何もやましいことがないのに、しつこく浮気を疑われたり、強過ぎる束縛も気持ちが冷める原因になります。

彼のことを、信用してあげてくださいね。

また、遠距離恋愛が冷める理由をもっと知りたいなら、「遠距離で彼氏から連絡減る・連絡こない理由6つ」や「遠距離恋愛の心のすれ違いを修復する方法5つ」もぜひ参考にしてください。

遠距離恋愛中のアナタへ!

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの遠距離恋愛の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「遠距離恋愛している相手の本当の気持ちを知りたい…。」

こんな感じならば、通常1500円の【神言鑑定】の占いを初回無料でプレゼントします!

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや未来を知ると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、通常1500円の【神言鑑定】を初回無料でプレゼントします!

片思いのあの人や遠距離の彼氏の事も初回無料で診断できます♪

※20歳未満は利用できません。







※こちらの記事は参考になりましたか?参考になりましたらクリック宜しくお願い致します。

にほんブログ村 恋愛ブログ 遠距離恋愛へ
にほんブログ村


今、あなたに本当の奇跡が舞い降りる!

今話題の実力派鑑定士があなたお思え描く

輝かしい未来へとつなぐ架け橋となります。

なんと今なら初回鑑定料が無料!

 

遠距離恋愛で一番人気の占い!

神言鑑定

遠距離恋愛の相手と幸せになれる?遠距離の悩みは解決する?

なかなか会うことも難しい遠距離恋愛だからこその悩みも沢山ありますよね…。

でも大丈夫!この「神言鑑定」は遠距離恋愛の悩みをズバリ解決する遠恋レシピいちおしの占いです!

今なら初回無料なので、まずはお試し鑑定をしてみてください!

      2016/09/29

 - 別れたくない・別れ回避